2017 年10月21日 ~27日

”JAZZの黄金時代 ” 開催

 銀座ヤマハホール、ヤマハスタジオにて

記念の各種イベントを開催!!

「ハイソ」の名で親しまれる出演者の皆さんは、1955年創部という数々の輝かしい歴史をい持つビックバンド。
爽やかな好感の持てる演奏でした。

Part.2
トークセッション
「アート・ブレイキー “幻の初来日音源”発見!

出演 ●水谷八重子 ●中平穂積
司会 ●根本隆一郎
日本中に衝撃を与えた1961年の初来日公演を記録したドキュメンタリー映画『黒いさくれつ』は 上映間もなく権利問題で上映されなくなった幻の映画。
今回その映画の音源となる日比谷公会堂で行われた最終日の演奏音が初め披露。
すでにレコード化されている産経ホールでの演奏内容と違い、ミュージシャンたちのほとばしる情熱がまさに炸裂した演奏の3曲の一部を公開した。

Part.3
「野口久和カルテット」

出演:野口久和(Pf) 矢野伸行(B) 山口新語(D) 宮本裕史(Tp)

曲のアレンジャーとして定評のある野口久和氏が今回のライブの為に組んだカルテットの面々。”ジャズの黄金時代”の名曲を演奏。

Part.4
「五十嵐明要スペシャルバンド」

出  演 :五十嵐明要(A.Sax) 原田忠幸(B.Sax) 須藤俊也(Pf) 谷口雅彦(B)
山下暢彦(Dr) 佐藤マサノリ(Vo) 堀江真美(Vo)
ゲスト:原田イサム(Dr)

卒寿を超えた日本ジャズ界の偉才たちが放つ往年のサウンドは、演奏を始めた途端に変身するかのように活き々と奏でられ、深い魅力がありました。

「高木理代子スペシャル・ライブ」

今とても注目されている女性ジャズ・ピアニスト!
大勢のファンの皆様が来場されました。

 

「野口久光 ジャズの黄金時代展」

いつも美術館で行われている展示の何十分の一とコンパクトな展示。
野口久光先生のフォトグラファーと、また映画ポスター、レコードジャケットのデザイン画やデッサンは、芸術家としての才能が輝いています。
また、1950~60年代の公開当時の映画の予告編が公開されております。
アラン・ドロンが語る映画紹介の映像は、初出です!!

「ジャズ100年のヒット曲を楽しむ」

講師:高木信哉(ジャズ評論家)

 

ジャズトーク
「伝説のジャズ喫茶」

23日出演 ● 中平穂積(新宿DUG 店主)
24日出演 ● 菅原正二(一関ベイシー 店主)

ジャズをむずかしくしないお二方の味わい深いお話しは、とても魅力的!!長時間に渡り皆様ありがとうございました!!

ジャズライブ
「野口久和トリオ」

26日
出    演 :野口久和(Pf) 嶌田憲二(B) 高橋 徹(Dr)
ゲスト:竹野昌邦(T.Sax)

27日
出    演 :野口久和(Pf) 矢野伸行(B) 高橋 徹(Dr)
ゲスト:多田誠司(A.Sax)